宗務所便り 2021年7月1日発信 No.109

2021年7月1日発信No.109 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 金風蕩暑の候

間もなく、1年間延期になりました東京オリンピックが開催されます。57年ぶりの大会になります。昭和39年のオリンピックをテレビで観戦した方も多くおられます。高度経済成長の名のもと、東海道新幹線、名神高速道路の開通。これから日本はどの様になるのかとワクワクした思いがありました。手塚治虫氏の漫画には近未来の高速道路・交通網や宇宙船が描かれていました。10年以内にはリニア新幹線が東京と名古屋を結ぶのでしょう。近未来が実現されています。しかし乍ら、コロナ禍にてのオリンピック開催は多くの障害を含んでの開催になっております。感染予防に力を尽くして無事に開催されて、競技のすばらしさを見せてほしいと願っております。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-109

宗務所便り 2021年6月1日発信 No.108

2021年6月1日発信No.108 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 気潤麦秋の候

5月より新型コロナウイルス・ワクチン接種が各医療機関、病院、又大規模会場での接種が始まりました。しかしながら、変異種が続々と現れて日本にも上陸し拡散が始まりました。若い世代の感染と重症化も見られて、益々感染防止に気を付けて頂きたいと思います。ワクチン接種の連絡がありましたら速やかに接種されることをお勧めします。不安な方は主治医と相談して接種をして下さい。命を守る大切な手段と考えます。

宗務本所は京都府の緊急事態宣言延長を受けて、職員の交代勤務をしております。各行事に関しては適時に判断がされますのでご理解下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-108

宗務所便り 2021年5月1日発信 No.107

2021年5月1日発信No.107 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 微薫催暑の候

新緑の美しい季節が来ました。例年より早くに花が咲き、あっと言う間に散ってしまった感があります。

ゴールデンウイークを迎えてうきうきする心とは反対にコロナウイルスの変異種が拡散をし始めております。コロナウイルス関連の死者は10,000人を超えてしまい、高齢者から若者の区別なく生命の危機にあります。全国でワクチン接種が始まりました。連絡がありましたら速やかに接種されることをお勧めします。不安な方は主治医と相談して接種をして下さい。命を守る大切な手段と考えます。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-107

宗務所便り 2021年4月1日発信 No.106

2021年4月1日発信No.106 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 桜花爛漫の候

桜の花も例年より早く開花し、善き年度初めであります。東京オリンピックの聖火リレーも始まり、またウイルスワクチンの接種が始まりました。国内全体の方々に接種が終了するまでには時間が必要ですが、感染予防対策を怠る事なく粛々と生活をして頂きたく願っております。

本年は予防対策をしながら年間行事を進めますので、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-106

宗務所便り 2021年3月1日発信 No.105

2021年3月1日発信No.105 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

2月28日にて愛知県、岐阜県に出されていた緊急事態宣言は解除されました。しかしながら、再拡大の不安がある為、愛知県は1日から14日までの2週間を独自の厳重警戒宣言を出して、知事は「感染の再拡大とリバウンドを生じさせないことだ。引き続き緊張感を持って感染防止対策を進める」と述べられた。ワクチン接種も医療機関関係者から順次進められ、4月後半又は、5月上旬から高齢者のワクチン接種が始められる予定が報じられた。

まだまだ感染症対策に協力しなければなりません。皆様くれぐれもご注意下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-105