宗務所便り 2019年4月2日発信 No.82

2019年4月2日発信No.82 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 春華将闌之候

 4月1日に新元号が発表され「令和」と決定いたしました。出典は、中国の古書ではなく日本の古書『万葉集』からの採用。出典・引用文「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」。安部首相は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味がこめられている」と述べられました。平和で安心な世の中でなければ文化は生まれないし、また育ちません。長く平和で安心な社会が続くことを祈っております。

 5月1日、新天皇陛下が即位され「令和元年」が始まります。 前年度を振り返りやり残したことを確認し、新年度には達成できるようにと精進続けていかねばならないと反省をしております。 皆様の御助言をお願い申し上げます。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。