直葬

6chネルだから名古屋テレビか?
本日(2014/03/28)午後6時頃にニュース番組の中で、直葬の特集をやっていた。

取材相手は80歳台の男性。
奥さんが約4年前に亡くなっている。
娘が2人居て、2人ともアメリカで家庭を持って生活している。
数年前にこの男性が病気になったとき、アメリカから娘が看病にやってきてくれた。
そんなこんながあって、自分は直葬にする事に決めたと言う。

子供の気持ちを全く考えていないな。
「老いては子に従え」と言うが、子どもの気持ちを全く考えなくてもよいと言うことは、それだけ健丈だということで良いことではあるのだが、アメリカから多大な金額を支払って来なくてはならないこと(旅費)や、向こうの家族に迷惑を掛けるからとかを考えての、思いやりの上での決定だと言うが、それは違うだろう。と思う。

まず、子どもの気持ちに委せるべきだと思う。
孫がいるのかどうかは分からないが、それが「親を思う気持ち」、ひいては「老人を大切にする」こと。「命を大切にする」ことを子供に育ませるいい機会だと思う。

「命」が軽率に扱われる今日この頃。
人(命)の最後に際して、どう恩を感じ、どう感謝を表すか。
葬儀という儀式は、人にとって命を見つめる。恩に感謝する。絶好の機会なのである。
徒や疎かにしてはならない。

と言う観点からして、今日のこのテレビ局の報道の仕方は、個人に対する恩・感謝という部分には全く触れられてはおらず。
昨今の(例えば)子供の自殺を報道するときに、「いじめ」があったかなかったかばかりを報道し、命の大切さに目を向けることを”ないがしろ”にしている報道の姿勢を示す端的な例であった。

—–
余計な一言。
テレビ局・葬儀屋とも、戦後教育を指導してきた日教組が理想とするところの、日教組が作り上げたかった人間とはこういう人間なのだと言うことを示す良い例であった。
—–

傾聴ボランティア養成講座のご案内

社会では悩みや苦しみを抱え困っている人々が数多くおられます。ややもすると寺院側
からの高圧的な物言いではなく、論理的・実践的に傾聴の方法を学びアドバイスできたら
と考えます。名古屋禅センターでは現代人が抱える霊的飢餓の克服に寺院関係者が今こそ
立ち上がり、安心を与えられるような救済活動にも参加すべきだと考えております。
下記の講座を企画しましたのでご案内いたします。

          記

1,講座名  傾聴ボランティア養成講座
2,講 師  橋本和明先生
3,期 日  各回2講座
     第1回 平成26年1月22日(水)午後1時30分~4時30分
     第2回 平成26年2月10日(月)午後1時30分~4時30分
     第3回 平成26年3月7日(金)午後1時30分~4時30分
4,会 場  名古屋禅センター 名古屋市中区栄三丁目25―18 白林寺内 
5,会 費  3,000円(各回)
6,主 催  名古屋禅センター
7,資 格  3回(全6講座)連続受講者には妙心寺派ボランティア傾聴士の資格が得られます。
8、申込先  名古屋禅センター 講座受付係
・eメールの場合    event@nagoya-zen.jp
・ファックスの場合   事務局fax (052)529-2701

傾聴ボランティア養成講座のご案内

「エンディングノート」を教化に活用するには

名古屋禅センター研修会のご案内

「終活」という言葉が辞書に登場し「エンディングノート」という言葉も広く知られるようになりました。今回の研修会では下記のとおり、長昌寺住職・田口誠道師をお招きし「エンディングノート」について簡単な説明と、各寺院での活用例や可能性、問題点などを中心にお話しいただきます。また、行政書士としての遺言、相続、成年後見の実例をまじえながら、寺院の果たせる役割について皆様と考えてみたいと思います。お誘いあわせの上ご参加下さい。

            

○演 題:「エンディングノート」を教化に活用するには

○日 時:平成25年1月23日(水)
      第1部 午後3時~ 「エンディングノート」DVD鑑賞
      第2部 午後5時~7時  講 演 

○会 場:名古屋禅センター(白林寺内)
      名古屋市中区栄3丁目25-18

○参加費:3,000円

○対 象:寺院関係者(僧侶・寺庭婦人など)

○申込方法:eメールまたはファックスにて受付けます。
eメールまたはファックスに郵便番号・住所・寺院名・氏名・電話番号を明記し下記まで申込下さい。
ファックスでのお申込みは、ファックス申込書*をダウンロードし印刷してご利用下さい。
ファックス申込書*(PDF 500KB)

http://www.nagoya-zen.jp/pdf/endingnote.pdf

○申込先:名古屋禅センター 講座受付係
・eメールの場合はevent@nagoya-zen.jp
・ファックスの場合は事務局fax.052-529-2701

○講師紹介:田口 誠道師
大塚製薬でMRを8年経験した後、臨済宗妙心寺派平林寺専門道場にて修行。平成12年 長昌寺住職・平成19年 行政書士試験合格
【その他】東京入国管理局届出済申請取次者・ビジネス著作権検定上級ライセンス・少林寺拳法 五段
【著書】『禅入門~わかりやすい禅&坐禅』(淡交ムック)平成15年9月発売(執筆協力)/『エンディングノート「宝珠」~おだやかな旅立ちのために』(青山社)

こころを磨く正眼セミナー

坐禅と白隠禅師
 「禅的な生き方」とは何か  ここから出発しませんか
何方でも参加自由です。

講 師  正眼寺住職 正眼短大学長
       山川宗玄老師

期 日  11月8日(木)午後2時~3時半

会 場  名古屋市中区栄三丁目25-8
      名古屋禅センター(白林寺内)

講 題  遠羅天釜講話

会 費  1,000円

協 賛  名古屋禅センター

http://shogen.ac.jp/index.php?id=45