PDFでの進達書類

各進達書類がPDFファイルをダウンロードして提出と変更になると言うことであるので総務部に聞いて見たところ、書類が複写式ではなくPDFファイルとなると言うことだけで、他は変わらないそうだ。

請願人(寺)-支所-宗務所-本所の書類の流れがメールで可能か?と期待したが、生憎とそれは出来ないとのこと。

PDFファイルだからといって、電子署名や電子印鑑が認められるわけでは無く、相変わらず署名は肉筆で印鑑は印肉で押印する必要があるとのこと。

最初から最後までPDFファイルで行えば、通信費の節約、進達書類のデータを検索等をするに、人・時間の手間が大幅に省くことが出来るのに、もったいないことである。

何はともあれ、電子化への第一歩とは思う。
今後に期待したいが、さて本山のこと、いつになったら電子化のメリットを享受出来るようになるのだろうか?

ついでながら、財務部は、宗費のネットでの払い込みを可能にして欲しい。

本山へ奉仕団参に行ってきた。

天気予報では、10月3日・4日と雨が降る気配はなく、快晴のはずだった。
出発時、3日の名古屋は晴れ渡っていた。京都も良い天気であった。
4日朝、何故か京都は雨。
予定では開山堂周りの掃除をするはずだったが、雨の為、大方丈周りの拭き掃除と相成った。

その後日程を過ごして、名古屋に向けて出発する午後1時30分まで、雨が降ったり止んだり、晴れ間が出たりと、実に不安定な一日であった。

本山へ行った時に毎度思う事がある。
微妙殿でのお話があるのだが、スピーカーシステムの設定が悪く、話が聞き取りにくい。
音がこもってしまう。
イコライザーを間に挟めば問題を解決出来るのだが、誰も気が付かないか?

毎年春の本山団参は、バスが6台、参加者総勢220~230名だ。
今回はバス1台の45名だった。
バス1台だと、何かにつけて楽である。

春の団参も、どうにかならんか?と思ってしまう。

 

奉仕団参

第1部はこの台風の中、今日明日と奉仕団参に本山に行っているのだなぁ。
中止になったか?
奉仕団参と共に、京都御所・南禅寺・平安神宮拝觀とあるが、明日は天気は大丈夫か?
お気の毒だなぁ。
ご苦労様です。
無事帰ってきて下さい。