宗務所便り 2019年10月1日発信 No.88

2019年10月1日発信No.88 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 晴雲流碧之候

9月には、第2回教区寺院セミナー、特別布教、教区花園会部会長研修会、教区花園会女性部研修会、青年僧の会「やさしい坐禅体験」各寺院ではお彼岸の行事など多忙でありました。

10月に入っても残暑が厳しく、夏衣装のままに過ごして居ります。地球温暖化の声は久しく耳にしています。5月から10月までの半年は夏衣装になり、確実に夏は2か月多くなりました。春、秋の幸時節は減っております。さて、地球温暖化は止めなければなりません。それでは私達宗教者はどの様に社会に発信するのかを考えましょう。私達が作った「温暖化」ですは私達が止めなければなりません。意識して速やかな対策をしなければ限りなく進みます。皆様の英知に期待いたします。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-88


宗務所便り 2019年9月1日発信 No.87

2019年9月1日発信No.87 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 西風送暑之候

お盆の15日、台風10号は四国西を通り広島県呉市に上陸して日本海へ抜けました。東海地方は東に400キロと離れておりますが、夕方から翌日まで風雨が強く大きな台風と実感しました。盆行事、夏祭り、花火大会等延期の報道がなされました。また、月末には線状降水帯が九州北部と山口県にかかり、記録的な豪雨により河川の氾濫によって甚大な被害が起こりました。被害を受けられました方に心よりお見舞い申し上げます。

今月は、第2回教区寺院セミナー、特別布教、教区花園会部会長研修会、教区花園会女性部研修会、青年僧の会「やさしい坐禅体験」、各寺院ではお彼岸の行事など多忙でありますが、ご尊体をご自愛いただきお過ごし下さい。又ご協力をお願い申し上げます。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-87


宗務所便り 2019年8月1日発信 No.86

2019年8月1日発信No.86 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

暑中お見舞い申し上げます。

長い梅雨も7月28日に開けて、連日の酷暑が続いております。8月に入りお盆、お施餓鬼等諸行事をお勤めと存じます。くれぐれも御尊体をご自愛いただきお盆を乗り切って頂きたいと思います。

お盆には多くの檀信徒、御縁の方が各寺院に来られます。この機会を大切に使っていただき布教教化推進をお願いします。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-86


宗務所便り 2019年7月1日発信 No.85

2019年7月1日発信No.85 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 大暑流金之候

「2019年6月18日22時22分ごろ、新潟県村上市で最大震度6強を観測する地震が発生した。山形、新潟、石川の3県に津波注意報が発令されている。新潟県粟島では23時5 分、微弱な津波が観測された。」との報道があり心配をいたしました。お見舞い申し上げます。

天変地異はいつ起きるのか分かりません。東海地震、東南海沖地震も予測されて久しく何時起きてもと言われます。「備え有れば患いなし」心も体も備品もできる範囲の努力が必要でしょう。「段取り (準備)が半分の仕事をする」と言われます。7月3日、花園会愛知西教区大会に向けて担当者は綿密に準備を進めています。当日には皆様の御荷担をよろしくお願い申し上げます。

                 頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-85


宗務所便り 2019年6月1日発信 No.84

2019年6月1日発信No.84 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 気潤麦秋之候

宗務所長を拝命して7年間(84ケ月)(任期は令和2年6月24日まで)。その前に、教化主事8年間(武山宗務所長)、その前は2年間総務部長(現教区組織部長・一色宗務所長)を拝命し、17年間教区事務を預からせて頂いて居ります。

さて、残り1年間が大切であります。何を進めるべきかと悩み苦しんでおります。 各支所長様、各和尚様の意見、寺庭様、寺族の皆様の意見を聞いてまいります。「各寺院が大切、部内が大切、教区が大切、教団が大切です。」皆様と共に20年、30年後の各寺院、教区、本派の事を考えていかねばなりません。

皆様の御意見と御協力をお願い申し上げます。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-84