宗務所便り 2021年3月1日発信 No.105

2021年3月1日発信No.105 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

2月28日にて愛知県、岐阜県に出されていた緊急事態宣言は解除されました。しかしながら、再拡大の不安がある為、愛知県は1日から14日までの2週間を独自の厳重警戒宣言を出して、知事は「感染の再拡大とリバウンドを生じさせないことだ。引き続き緊張感を持って感染防止対策を進める」と述べられた。ワクチン接種も医療機関関係者から順次進められ、4月後半又は、5月上旬から高齢者のワクチン接種が始められる予定が報じられた。

まだまだ感染症対策に協力しなければなりません。皆様くれぐれもご注意下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-105

宗務所便り 2021年2月1日発信 No.104

2021年2月1日発信No.104 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

1月13日に愛知県を含む7府県に緊急事態宣言が再発令されました。年末年始の移動に伴い急激に感染が拡大したと言われます。1月14日から2月7日までの間、「不要不急、日夜の外出自粛、ビジネス往来の自粛、飲食店の時間短縮営業要請、テレワークを活用して通勤の7割減の要請」などの政策が出されております。未だに感染の拡大が進んでいますので、皆様には十分なる注意と対応をお願いします。

(全国の感染者38万名、重傷者1043名、死者 5800名) <1月31日・集計>

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-104

宗務所便り 2021年1月1日発信 No.103

2021年1月2日発信No.103 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

初春を寿ぎ新年のお慶びを申し上げます。

昨年は格別なるご法愛を賜り有り難うございました。本年も倍旧なるご指導ご鞭撻いただきますように宜しくお願い申し上げますとともに、皆様のご健勝とご多幸を祈念申し上げます。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-103

 

宗務所便り 2020年12月1日発信 No.102

2020年12月1日発信No.102 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 歳律云暮の候

晩秋が過ぎ落葉が盛んになりますと庭が広くなった様に感じます。師走を迎えて何故か気せわしくなってまいりました。

3月からのコロナ禍は第3波の兆しにて、またまた多くの感染者と重症患者の発生が伝えられています。今一度、気を付けて頂き感染予防の基本を忠実に厳守願います。三密を避け、手洗い、うがい、消毒をして感染予防に努めて頂きたいと思います。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-102

宗務所便り 2020年11月1日発信 No.101

2020年11月1日発信No.101 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 風林脱葉の候

例年より10日程遅れて金木犀が花をつけて秋の香りを放っております。酷暑、雨不足から一転して台風の襲来、秋雨前線による長雨。また、急激な寒気の襲来。秋の好時節の期間は短縮しております。夏と冬、四季の移り変わりの良き日本は続くのでしょうか。

本派、教区の諸行事は中止を余儀なくされ沈黙の期間が続いております。本年度の行事は執行されておりません。誠に残念であります。

世界を見ましても、新たに再度感染の兆しが見えております。皆様には油断なき様に、三密を避け、手洗い、うがい、消毒に注意をして感染予防に努めて頂きたいと思います。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-101