宗務所便り 2021年3月1日発信 No.105

2021年3月1日発信No.105 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

2月28日にて愛知県、岐阜県に出されていた緊急事態宣言は解除されました。しかしながら、再拡大の不安がある為、愛知県は1日から14日までの2週間を独自の厳重警戒宣言を出して、知事は「感染の再拡大とリバウンドを生じさせないことだ。引き続き緊張感を持って感染防止対策を進める」と述べられた。ワクチン接種も医療機関関係者から順次進められ、4月後半又は、5月上旬から高齢者のワクチン接種が始められる予定が報じられた。

まだまだ感染症対策に協力しなければなりません。皆様くれぐれもご注意下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-105

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です