宗務所便り 2021年12月1日発信 No.114

2021年12月1日発信No.114 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 一歳告闌の候

晩秋が過ぎ落葉が盛んになりますと庭が広くなった様に感じます。師走を迎えて何にか気せわしくなってまいりました。

コロナ禍の一年、教区行事の自粛を迫られて中止延期に慣れてしまった感があります。寺院セミナーのリモート研修、11月9日教区花園大会の縮小開催。過去に経験のない運営をいたしました。しかし乍ら、回復の兆が現れて来たのは喜ばしい限りであります。今少しの皆様の協力にてコロナ感染症の終息を願っております。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-114

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。