宗務所便り 2021年11月1日発信 No.113

2021年11月1日発信No.113 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 黄花将蘭の候

10月1日よりコロナ感染症の緊急事態宣言も解除され、少しずつではありますが通常の生活に戻りつつあります。しかし乍ら、1年半以上の自粛生活は私達の生活に大きな変化をもたらしました。家庭での生活を見直す機会、家族の関わり、リモートの普及による通勤、通学について、社会意識の変化による人流の変化。新しい流れを受け止めて次に進む方向性を模索する時と考えます。足元を見据えてから前に進みましょう。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-113

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です