宗務所便り 2020年11月1日発信 No.101

2020年11月1日発信No.101 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 風林脱葉の候

例年より10日程遅れて金木犀が花をつけて秋の香りを放っております。酷暑、雨不足から一転して台風の襲来、秋雨前線による長雨。また、急激な寒気の襲来。秋の好時節の期間は短縮しております。夏と冬、四季の移り変わりの良き日本は続くのでしょうか。

本派、教区の諸行事は中止を余儀なくされ沈黙の期間が続いております。本年度の行事は執行されておりません。誠に残念であります。

世界を見ましても、新たに再度感染の兆しが見えております。皆様には油断なき様に、三密を避け、手洗い、うがい、消毒に注意をして感染予防に努めて頂きたいと思います。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-101

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です