宗務所便り 2019年5月1日発信 No.83


2019年5月1日発信No.83 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝




謹啓上 新緑将滴之候




 5月1日 新天皇陛下が即位されました。祝聖「今上天皇聖寿萬安」誠におめでたいことでございます。元号が「令和」に改元され新しい時代が始まります。 




 新年度を迎えて部内寺院調査を行いました。教区寺籍台帳資料から、明治生まれ、大正生まれ、昭和生まれ、平成生まれ、これから令和生まれの僧侶が誕生します。明治元年から151年。長い年月の間、各和尚方のご尽力にて現在の寺院の姿が御座います。こつこつと積み上げられた努力の結果が現在の状態です。




 私達は各寺院の歴史を確認して未来に繋げていかなければなりません。先人の努力を受け継ぎ「脚下照顧」の教えを踏まえ、しっかりと前に進んで行きましょう。未来に向けて襟を正し、精進の上にも精進をお願い致します。




頓首敬白




・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*