宗務所便り 2017年3月1日発信 No.57

2017年3月1日発信 No.57 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 時下黄鳥出谷之候
弥生3月、日が長くなり日差しも温かさを感じてまいりました。低温と寒風を乗り越えての春の訪れは待ちどうしく、また嬉しく思います。庭の萬作、梅、桃と咲き、月末には桜の花が咲き春本番を感じます。 
3月は決算期であり、一年間の総決算月になります。 振り返り反省して、新たな年へと繫いでいかねばなりません。一歩一歩、確実に前を向いて進んでいきましょう。 反省の上にこそ進歩が有ります。「却下照顧」は禅僧の基本であります。ご自身の足元は大丈夫でしょうか。

                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-57