宗務所便り 2016年5月1日発信 No.47

2016年5月1日発信 No.47 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 時下梅弾垂金之候
 4月14日に発生した熊本地震は、2週間経っても熊本県・大分県で余震が続き甚大な被害をもたらし、死者や怪我人を出しています。今でも多くの方が避難生活をしておられます。東北大震災から5年、又大きな地震が起きました。地震大国の日本、中部地方も他人事ではありません。災害を無くすことはできませんが被害を少なくすることはできると思います。各自が災害対策の準備をして被害を少なくする努力をしましょう。避難所をどちらかご存じですか。災害が起きる前に防災用品の準備をしましょう。(テント、ブルーシート、寝袋、ライト、マッチ、ローソク、水、食料、トイレ、薬品、着替え、メガネ、軍手、長靴、スコップ、のこぎり、ロープ、工具等、)
                                  頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。
宗務所便り 2016年5月号