ブログ

ブログと今までの掲示板との違いは、ブログは、Facebook、Twitterと連携させることが出来、ブログに書き込んだことがFacebookとTwitterに自動的に投稿されます(自動投稿させないことも可能)。

故に、より広く広報することが出来、セミナー等の企画に参加して頂ける方が増えるのではないか? と考えています。

セミナー等の企画は、他教区の御寺院様や関心のある一般の方達にも多く参加していただいて、講義を聴いていただければより有意義なものになろうと思います。

折角の企画により多くの参加者を得たい。
その為の広報の手段として、ブログを設置しました。

またこのことだけにとどまらず、皆さんのより多くの声を宗門の発展・改善等に反映させることが出来ればと思います。

ただ、コメントは何方でも投稿出来ますが、メイン記事の投稿はユーザー登録された方しかできません。
方法としては何方でも利用出来るユーザー名とパスワードを用意して、投稿していただくことは可能ではあります。

是非ご参加いただき、ご意見をお聞かせ下さい。

 


ヘッダー画像

平成14年の「禅寺一日入門」でのポスター画像を「愛知西教区」のホームページで利用させていただいています。
この度のブログでも利用したく、元画像ファイルを探していただきました。

探すのにご苦労されたと思います。
ありがとうございました。

お陰さまで、今までよりはず~~~と鮮明な画像の設置が出来ました。

感謝!! 感謝 \(^o^)/


友引の葬儀

名古屋市の火葬場が友引でも営業(?)を始めた。
で、友引にも葬儀を行うようになった。

昔住んでいた山村でのこと。
2・3歳の子どもが蛇に憑かれたと、畳の上を身体をくねらせて移動する。
立って歩くことが出来なくなった。
ということで、お寺の和尚さんのところに「どうにかなりませんか。」と訪ねてきた。
話しを聞くと、友引に身内(この子どもの父親だったと記憶している・・・?)の葬儀を行ったとのこと。
で、和尚さんがお経を読んだところ、無事元に戻った。
ということがあった。

最近は迷信とかで、故事をないがしろにする傾向が多く見られるようになったが、本当に迷信で済ませてしまっても良いものだろうか?

と、このこととは別に、今までは友引には葬儀をしなかったことから、法要の日にちを決める時に、友引の土・日曜日を勧めていた。
これからは土・日曜日の友引にも葬儀をしなくてはならなくなると、決めていた法要の時間変更を強いられることになる。
食事会場の都合もあることだし、檀家さんにとっても迷惑なことだ。

そんなこんなで、友引に葬儀をするのは止めにしないか?

火葬場は稼働すればよい。
友引でも火葬をすることは問題がない。
葬儀をすることが問題なのだ。
友引に火葬にして、翌日に葬儀を行えばよいことだと思う。
(地域によっては、葬儀の先に火葬にするところがある。)



新:WordPress今日この頃

ログインしているユーザーさんの、投稿画面や、プロフィール画面からトップページに戻るには、画面左上部の「愛知西教区」部分をクリックします。
再び投稿画面に戻るには、左サイドバーの「サイト管理」をクリックします。


ご自身で投稿された記事の修正が出来ます。
ご自身の投稿されたメッセージの右下部に[編集]ボタンがあります。


ユーザーさんの投稿画面でWordbookerのオプション画面が表示されないのは、「愛知西教区」というFacebookアカウントは、ビジネスアカウントなるもので、プラグインで利用するFacebook 「Application ID」が取得出来ない。
なので、Facebook 「Application ID」を管理人の個人アカウントで取った。
その所為ではないか? と思う。

各ユーザーの「設定」で「Wordbooker」の設定を有効にしていたのだが、あまりにも「Wordbooker」の設定そのままなので、どうかな? と、無くした。
ユーザーさんの投稿画面下部には当然のことながら、「Wordbooker Options」は表示されないままだ。

どうする?


業務連絡 (^^;

管理人さんは、投稿者権限のユーザーを作って、そのアカウントで、投稿画面をご確認下さい。
(管理人の画面とは随分と違います。)


新規ユーザーの承認・コメントの承認は、なるべく早く行いたいので、皆さんのご協力をお願いいたします。
その為に現在のメールアドレスを、ご自身のメールアドレスに変更して下さい。

よろしくお願いいたします。