宗務所便り 2018年9月1日発信 No.75

2018年9月1日発信 No.75 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 西風送暑之候
 7月8日に東海地方は梅雨明けしましたが、猛暑(酷暑)が続き、名古屋の最高気温は40度に達し、観測記録を更新しました。台風が接近したものの、伊勢市に上陸して西に向かう台風が現れるなど、30日以上の降水がなく大きな被害を出しました。7月23日、気象庁は高温情報として「命の危険があるような暑さで災害と認識している」と危機感を示しました。これは初めての表現であり、報道機関も熱中症対策をしきりに伝えています。そんな中のお盆行事も済み一息入れておられることと思います。
 今年は残暑も長引くと言われております。教区では第2回寺院セミナー、特別布教、教区花園会女性部研修会、教区寺院セミナー現地研修会、青年僧の会「やさしい坐禅体験」、各寺院ではお彼岸の行事など多忙でありますが、ご尊体を労われましてお過ごし下さい。又ご協力をお願い申し上げます。  


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-75


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*