宗務所便り 2018年7月1日発信 No.73

2018年7月1日発信 No.73 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
 謹啓上 陰晴難定之候
 間もなく梅雨明けでしょうか。恵みの雨であり必要な雨でもあります。植物、動物万物にはとっては不可欠な雨、有難い事で有ります。しかしながら、近頃の気象状況に表れます「ゲリラ豪雨」(1時間に100ミリを超える雨量)は私達の生活環境では対応が出来ない状態にあります。河川の氾濫、鉄砲水、土砂崩れなどの災害が多発しております。地球環境の変化と捉えて、原因を作ったのは私達と反省しなければなりません。今後どの様に対応しなければならないのかを真剣に考えたいと思います。 


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-73


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*