続:観音経

観音経をテキストファイルにしていただいた長昌院様。
大変な作業に感謝致します。
ありがとうございました。
このページがあるのも長昌院様のおかげです。

「今昔文字鏡」のお世話になっているのは4文字。
P.2 ”しゃこ”
P.13,16 “まごらか” の “ご”
この4文字が、そのままでは印字したときに文字が薄いので、ほんの少し文字を太くしてみた。
(”しゃこ” の”こ”の字は何故か始めから太いのでそのまま処理せず。)
これが「bold有」と言う意味。

最後の「発行所」のページが無ければ「普回向」のページも無い方が良い。
「発行所」のページがある場合「普回向」があった方が良いと思う。

なので以下の4パターンを作ってみた。

・観音経-普回向&bold無  kannongyo_hueko&bold_nai.pdf


・観音経-普回向&bold有  kannongyo_hueko&bold_aru.pdf


・観音経-普回向無_bold有 kannongyo_hueko-nai_bold-aru.pdf


・観音経-普回向有_bold無 kannongyo_hueko-aru_bold-nai.pdf


「発行所」のページはご自身のものに変更されれば良いと思います。

PDFリーダーの印刷設定画面で、「ページサイズ処理」の[サイズ]欄で、
◎実際のサイズ
□PDFのページサイズに合わせて用紙を選択(Z)  にチェックを入れます。
□用紙の両面に印刷(B)  にチェックを入れます。
 ◎長辺を綴じる(L)
として下さい。

実際に印刷するプリンターの[プロパティ]で、用紙サイズ・両面印刷の設定も必要です。
用紙は、A5サイズで両面印刷を想定しています。

ご意見、お気付きの点等ございましたら是非ともお知らせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*