宗務所便り 2018年12月1日発信 No.78

2018年12月1日発信No.78 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 歳律云暮之候

暖かな師走を迎えております。例年より遅い紅葉にて美しい秋景色の中を過ごしております。

歳暮れ、一年を振り返り教区行事など皆様のご協力にて無事に過ごすことができました。心より御礼申し上げます。 年末に向けて寒さが厳しくなってまいりますが、本年は暖冬の予報が出されております。しかしながら、結果はどの様になるのかは不明でございます。

新年に向けてのご準備等ご多忙と思いますが、御尊体をご自愛いただきまして良き年をお迎え下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-78


宗務所便り 2018年11月1日発信 No.77

2018年11月1日発信No.77 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 風林脱葉之候

10月中旬からめっきりと過ごしやすく好時節を迎えております。

「定期宗務所長会報告」を宗務支所経由にて発信しました。各部におかれましては、閲覧、又はコピーをして周知して下さい。2022年(平成34年)までに特別寺班調査(10年に一度)が行われます。これに合わせて各部の再編が協議されます。有住寺院が3ケ寺の部があれば、部内が40ケ寺~50ケ寺の部も有ります。有住寺院数の適切な部の再編が検討されます。当教区も協議の対象として再編を視野に入れてまいります。

11月は「教区花園会運営委員会」、「第63回花園会愛知西教区大会」と開催されます。皆様の御協力を宜しくお願いいたします。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-77


宗務所便り 2018年10月1日発信 No.76

2018年10月1日発信 No.76 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 晴雲流碧之候
9月4日神戸に上陸した台風21号は教区内にも大きな災害をもたらしました。寺院、花園会員様の屋根の被害、樹木の倒壊など多数報告をいただいております。また9月30日には台風24号にて再度の被害が出ました。心よりお見舞い申し上げます。罹災された花園会員様には、3ケ月以内に罹災証明書を付けて進達して下さい。 本年は蜂が低い処の巣を作っています。その様な年は台風が多いと言われています。 まだまだ台風の発生が予想されますので出来る限りの対策をして頂きたくお願いします。
9月は行事が多い月でした。皆様の御協力に感謝申し上げます。


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。


tayori-76


宗務所便り 2018年9月1日発信 No.75

2018年9月1日発信 No.75 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 西風送暑之候
 7月8日に東海地方は梅雨明けしましたが、猛暑(酷暑)が続き、名古屋の最高気温は40度に達し、観測記録を更新しました。台風が接近したものの、伊勢市に上陸して西に向かう台風が現れるなど、30日以上の降水がなく大きな被害を出しました。7月23日、気象庁は高温情報として「命の危険があるような暑さで災害と認識している」と危機感を示しました。これは初めての表現であり、報道機関も熱中症対策をしきりに伝えています。そんな中のお盆行事も済み一息入れておられることと思います。
 今年は残暑も長引くと言われております。教区では第2回寺院セミナー、特別布教、教区花園会女性部研修会、教区寺院セミナー現地研修会、青年僧の会「やさしい坐禅体験」、各寺院ではお彼岸の行事など多忙でありますが、ご尊体を労われましてお過ごし下さい。又ご協力をお願い申し上げます。  


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-75


宗務所便り 2018年8月1日発信 No.74

2018年8月1日発信 No.74 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
 謹啓上 火傘張炎之候
 7月に起きました西日本豪雨災害により240名程の多くの尊い生命と財産を失いました。本派寺院、花園会員様も被災されております。心よりご冥福とお見舞いを申し上げます。 いまだに多くの方々が酷暑の中、復旧活動と避難生活を強いられておられます。私達にできる事をさせて頂きたいと思います。8月はお盆の行事等でご多忙と存じますが、多くの檀信徒、御縁の方が各寺院に来られます。 この機会を使っていただきより多くの皆様にご協力いただきますよう呼びかけをお願いします。


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-74