宗務所便り 2021年4月1日発信 No.106

2021年3月1日発信No.105 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

謹啓上 桜花爛漫の候

桜の花も例年より早く開花し、善き年度初めであります。東京オリンピックの聖火リレーも始まり、またウイルスワクチンの接種が始まりました。国内全体の方々に接種が終了するまでには時間が必要ですが、感染予防対策を怠る事なく粛々と生活をして頂きたく願っております。

本年は予防対策をしながら年間行事を進めますので、皆様の御理解と御協力をお願いいたします。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-106

宗務総長選挙選挙結果

先日だれかに訊ねられた。
宗務総長選挙選挙結果はどうなったんですかね?と。
そぉ言えば、どこからも結果の通知が来ていないな。
何故だろう・・・?
投票するにも投票用紙の郵送代を各自で払えと言うような組織では、結果の通知などなされないのも不思議では無い。
で、調べてみた。
妙心寺派の宗務本所のページへ行ってみた。
載っていた。

— 引用ここから —
宗務総長選挙選挙結果について
宗務本所
2021/03/26

3月26日(金)に開催された宗務総長選挙選挙会にて開票の結果、下記の通り当選者が決定いたしましたので、お知らせ申し上げます。

◎有効投票 2,472票
野口善敬候補 1,295票【当選】
上沼雅龍候補 1,177票
— 引用ここまで —

宗務総長選挙選挙結果について | 各部署情報 | 宗務本所 | 宗務本所
https://honjo.myoshinji.or.jp/section_top/honjo/411

以上。

 

宗務所便り 2021年3月1日発信 No.105

2021年3月1日発信No.105 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

2月28日にて愛知県、岐阜県に出されていた緊急事態宣言は解除されました。しかしながら、再拡大の不安がある為、愛知県は1日から14日までの2週間を独自の厳重警戒宣言を出して、知事は「感染の再拡大とリバウンドを生じさせないことだ。引き続き緊張感を持って感染防止対策を進める」と述べられた。ワクチン接種も医療機関関係者から順次進められ、4月後半又は、5月上旬から高齢者のワクチン接種が始められる予定が報じられた。

まだまだ感染症対策に協力しなければなりません。皆様くれぐれもご注意下さい。

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-105

宗務所便り 2021年2月1日発信 No.104

2021年2月1日発信No.104 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝

1月13日に愛知県を含む7府県に緊急事態宣言が再発令されました。年末年始の移動に伴い急激に感染が拡大したと言われます。1月14日から2月7日までの間、「不要不急、日夜の外出自粛、ビジネス往来の自粛、飲食店の時間短縮営業要請、テレワークを活用して通勤の7割減の要請」などの政策が出されております。未だに感染の拡大が進んでいますので、皆様には十分なる注意と対応をお願いします。

(全国の感染者38万名、重傷者1043名、死者 5800名) <1月31日・集計>

頓首敬白

・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-104

PDFでの進達書類

各進達書類がPDFファイルをダウンロードして提出と変更になると言うことであるので総務部に聞いて見たところ、書類が複写式ではなくPDFファイルとなると言うことだけで、他は変わらないそうだ。

請願人(寺)-支所-宗務所-本所の書類の流れがメールで可能か?と期待したが、生憎とそれは出来ないとのこと。

PDFファイルだからといって、電子署名や電子印鑑が認められるわけでは無く、相変わらず署名は肉筆で印鑑は印肉で押印する必要があるとのこと。

最初から最後までPDFファイルで行えば、通信費の節約、進達書類のデータを検索等をするに、人・時間の手間が大幅に省くことが出来るのに、もったいないことである。

何はともあれ、電子化への第一歩とは思う。
今後に期待したいが、さて本山のこと、いつになったら電子化のメリットを享受出来るようになるのだろうか?

ついでながら、財務部は、宗費のネットでの払い込みを可能にして欲しい。