宗務所便り 2017年1月1日発信 No.55

2017年1月1日発信 No.55 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
初春を寿ぎ新年のお慶びを申し上げます。
 昨年は格別なるご法愛を賜り有り難うございました。 本年も倍旧なるご指導ご鞭撻いただきますように宜しくお願い申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-55


宗務所便り 2016年12月1日発信 No.54

2016年12月1日発信 No.54 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 歳律云暮之候
 残暑が長く続きましたが、やっと過ごしやすい秋を迎えての花園会愛知西大会も盛大裡に開催されました。寺院住職各位、並びにご参加いただきました花園会員様、関係各位に御礼申し上げます。寺院セミナー現地研修会も無事終了して本年の主な行事も終了いたしました。明年は、5月に定期御親化授戒会を開催いたします。間もなく募集用紙の配布をいたします。各寺院様には正月行事、大般若会、涅槃会、春彼岸会等の機会を利用していだき「戒徒募集」をお願い申し上げます。 師走を迎えて1年間の反省と懺悔をしております。皆様の御協力を戴いて過ごさせていただきましたことに感謝をして御礼申し上げます。有難うございました。

                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-54


宗務所便り 2016年11月1日発信 No.53

2016年11月1日発信 No.53 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 黄花将闌之候
 熊本地震から半年が過ぎました。10月21日鳥取中部にM6・6の地震が発生し3000名に及ぶ方々が避難をされました。現在も余震が続き不安な日々を過ごしておられます。心よりお見舞い申し上げます。各地での地震発生の報を聞いて「東海沖地震、東南海沖地震」は何時起きても不思議ではないと言われております。今起きるかも知れません。「どの様な準備をするのか」が大切です。地震大国・日本は地震が各地で起こります。防ぎようがありませんが、地震が起きた後の対応に準備が有るのか、無いのかでその後の生活と復興の対応が違うと思います。他人事ではありません。「備えあれば患いなし」万全の注意をお願いいたします。
                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-53


宗務所便り 2016年10月1日発信 No.52

2016年10月1日発信 No.52 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 時下万葉吟秋之候
 秋雨前線は9月中旬から日本列島に居座っております。その間に台風16号は東海地方を横断して各地で大雨の被害を起こしております。お見舞い申し上げます。日照不足がおこり、お米、野菜、海産物に大きな影響を与え、特に青果物の価格の高騰がおきております。自然の猛威は又、自然の恵みでもあります。自然に対して畏敬の念を持ち真摯に受け止めて、「自然と共に生きる」対応していかねばならないと思います。
 「天災がやってくるのではない、天災が来る処に住んでいるのです」(荒 了寛)
                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-52


宗務所便り 2016年9月1日発信 No.51

2016年9月1日発信 No.51 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 時下残暑尚厳之候
 少雨高温の8月は、リオ・オリンピックと高校野球に沸き暑い夏を過ごしました。オリンピックでは41個(金12、銀8、銅21)のメダルを手に選手、役員、関係者、報道関係者が無事に帰国されました。帰国会見の報道を見て努力の結果を再認識しました。お疲れ様でした。
 9月は研修会が多く開催されます。自己研鑽は上求菩提下化衆生と僧侶の本分であります。
時と機会を有効に活用していただき、自己のレベルアップを切にお願い致します。
                                    頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-51