宗務所便り 2018年2月1日発信 No.68

2018年2月1日発信 No.68 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 梅信伝春 之候
 2月3日の節分には各地で追難の行事が行われます。追儺は中国の古い儀礼で、悪霊や疫鬼、災難を追い払う行事。日本でもこれを取り入れられ、鬼追いの式は寺院の修正会、修二会の結願、神社の節分祭の行事となったとあります。(年中行事と歳時記 大創出版)その時期には七福神まいりの行事も行われ、社寺仏閣は賑やかになります。季節の変わり目とは言え、まだまだ寒い日が続きますのでご尊体ご自愛下さい。
                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-68


宗務所便り 2018年1月1日発信 No.67

2018年1月1日発信 No.67 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
初春を寿ぎ新年のお慶びを申し上げます。
 昨年は格別なるご法愛を賜り有り難うございました。 本年も倍旧なるご指導ご鞭撻いただきますように宜しくお願い申し上げますとともに、皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げます。

                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-67


宗務所便り 2017年12月1日発信 No.66

2017年12月1日発信 No.66 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 暦尾将尽之候
 年々秋の期間が短くなっているように感じます。第62回花園会愛知西大会も盛大裡に開催されました。寺院住職各位、並びにご参加いただきました花園会員様、関係各位に厚く御礼申し上げます。寺院セミナー現地研修会も無事終了して本年の主な行事も終了いたしました。 年末に向けて寒さが厳しくなってまいります。例年よりも降雪も早く、降雪量も多いとの予報が出されております。新年に向けてのご準備等ご多忙と思いますが、御身体をご自愛いただきまして良き年をお迎え下さい。


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-66


宗務所便り 2017年11月1日発信 No.65

2017年10月1日発信 No.64 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 清霜澄秋之候
 『手紙・書き出し実用文例集』の10月時候の挨拶の中に、「秋の長雨の季節、お元気でおすごしでしょうか」の書き出しがありました。10月に名古屋では青空が見えた日数は11日、終日晴れたのは7日でした。今年の10月は青空の有難さを感じました。
 11月は、花園会寺院役員研修会、教区花園会運営委員会、第62回花園会愛知西教区大会、教区寺院セミナー現地研修会と行事が多く開催されます。 皆様の御協力とご参加をお願い申し上げます。


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-65


宗務所便り 2017年10月1日発信 No.64

2017年10月1日発信 No.64 愛知西教区宗務所長 山田英隆 九拝
謹啓上 金風颯々之候
 彼岸を過ぎた頃から将に秋風を感じ「暑さ寒さも彼岸まで」との言葉を思い出しました。例年に無い気候になっております。達磨忌頃に金木犀が咲き、まだ衣替えは遠く10月中旬になって冬衣装の準備を始めるのが例年行事になっていました。今年は涼しいのです。異常気象と言う言葉を久しく使っておりますが、毎年異常気象になると、これが通常気象になります。過去の経緯をしっかりと把握し、通常と異常をしっかりと見極める必要が有ります。慣れる事は危険な部分もあります。 さて、私達に見極める力は御座いますか。             


                                 頓首敬白
・・・続きはPDFファイルにてご覧ください。

tayori-64